茶話本舗のフランチャイズ情報

これから益々、需要が高まると言われている分野の一つに、デイサービスがあります。
高齢者が多くなっている今、高齢者向けサービスが非常に活発化しています。
ただし、サービスが良い高齢者向けサービスは、お金が高く、一般市民ではなかなか手が届かないケースもあります。
そんな中、一般庶民でも通い安い価格で、現在非常に利用者が増加しているのがデイサービスです。
通所介護は、小規模でもスタッフ次第で、成功できます。
現在、茶話本舗のフランチャイズがどんどんと拡大しているのも、高齢化という社会情勢やデイケアサービスへの需要の高さを反映しています。
茶話本舗のフランチャイズでは、初心者でも迷わないように、開業前の研修や法令手続きもサポートしてくれますので、未経験の人が始めても安心感があります。
開業しても、本部からのキメ細かい支援がありますので、困った時に相談相手がいるというのが、非常に頼もしいです。
個人でもデイケアを始めることは出来ますが、何の知識もない人が始めても、方向性がわからないですし、困った時に助けてくれる人もいないため、孤軍奮闘になってしまいます。
その点、デイサービスの実績がある茶話本舗のフランチャイズなら、ノウハウを生かしてスムーズに経営を進めることができます。
ただし、開業までには、かなりの資金がかかるため、茶話本舗のフランチャイズは、資金が準備できるかどうかというのが一番大きなネックになってくるかもしれません。
加盟金は300万円以上、保証金は50万円以上とかなり高額になります。
その他にも造作費や設備費などで、合計で600万円以上はかかる目安です。
これだけの費用を最初から用意するのは非常に難しいと思いますが、その分、面倒な手続きや経営の悩みをサポートしてくれるので、やはり初心者が初めてデイケアサービスに参入するのであれば、決して高い費用ではありません。
個人で新規に開業しても、やはりノウハウがないまま進めてしまうと、万が一トラブルになった時など、裁判沙汰になって、フランチャイズの開業資金よりも高いお金を請求される可能性もあります。

茶話本舗のフランチャイズ情報