副業でスタートできるフランチャイズ

介護フランチャイズのマージンの相場

ロイヤリティとマージンの違い
成功したビジネスモデルを提供する事業主と、それを受け取る代わりにロイヤリティとマージンを事業主に払う加盟主という関係で成り立っている「フランチャイズ」というシステムですが、この事業主に支払う“ロイヤリティ”と“マージン”とは一体何の事なのでしょうか?

“ロイヤリティ”とは、特許権や著作権の使用料の事です。
フランチャイズにおけるロイヤリティとは、事業主が提供するビジネスモデルやビジネスノウハウの使用料の事で、これは『指導料』という名目で徴収される事もあります。

次に“マージン”ですが、これは利ザヤとか利幅の事で、原価と売値の差額の事です。
売上総利益の事はグロスマージンと言います。

介護フランチャイズのマージンの相場は?
介護の仕事でのフランチャイズ事業主に払うマージンの相場はいくらぐらいかというと、収益から1割~2割が相場だと言う事です。
この割合はどうなのかと言うと、多くの加盟主から「多すぎる」と反発があるようです。

介護フランチャイズの募集企業によっては、加盟者を多く募集すると共に、加盟者の定着率の事も考えて、月々の収益からの割合ではなく「一律○万円」というマージンの取り方をしている所もあるようです。
こういったスタイルでの徴収の方が加盟者からの評判も良く、サービスの質を落とさず、事業主と良好な関係を築いたまま事業を運営していく事が出来ているようです。
介護 フランチャイズ

最新投稿